よく呑んでよく寝る

ウイスキー初心者が感想を書くブログです。

BAR1to3で持ち寄り会を開きました

安城市のバー1to3さんで持ち寄り会を開催しました。

マスターに持ち寄り会をやろうと提案したところ快くOKして頂き開催に至ります。

持ち寄り会は自分では発見できないタイプの一本と出会えるので非常に勉強になります。

ラインナップ

 f:id:nakayubi29112911:20171002000137j:plain

  1. イチローモルト秩父オロロソ
  2. あかし魚住
  3. G&Mストラスアイラ2005
  4. マッキンリーレアオールド
  5. G&Mハイランドパーク2007
  6. ビックベイビーアードモア2011
  7. クラガンモア12年 90年代流通
  8. ビックピート東京エディション
  9. ロックオイスター18年 カスクストレングス
  10. キルホーマンロッホゴルム
  11. アイリーク 深海瓶熟
  12. エドラダワー13年 ポートカスク
  13. タリバーディンマレイ12年
  14. ポートシャーロット15年 アーカイブ
  15. レダイグ7年 シェリ

感想

酔っ払ってる状態なので雑な部分は見逃してください。

  1. 秩父の綺麗な原酒に綺麗にオロロソの特徴を乗せた形。秩父原酒の綺麗さが分かる。
  2. 秩父に比べて癖はあるが近年リリースされたあかしのコニャックカスクと比較すると纏まっている。
  3. 開けたては麦が強いが徐々にナッツの様な香ばしさとキャラメルのような甘さが出てくる。
  4. ピート効いたハイランドモルトのバッティング。厚みのあるハイランドスタイル。
  5. バナナと麦がメイン、ピートは感じれない。
  6. パワフルヤングでピーテッドなウイスキーだが若いなりにバランスの良いパワフルさ。
  7. バランスの良い少し前のオフィシャル。家にあるとうれしいタイプ。
  8. 若いが加水とバッティングで楽しい一本。
  9. 甘さと仄かな潮気が良い。
  10. シェリーとピートを加水でバランスよくまとめてある。
  11. 今回の中で一番ぶっ飛んだ背景の一本。蝋封して深海に沈めたらしい。深海の圧や温度で変わるらしくスタンダードと比較して潮気が強く、余韻が長くなっている。
  12. しっかり甘さは乗っているがくどくない。
  13. 牧草感があるが徐々に変化していく。
  14. 薬品とピートで飲み手を選ぶがはまるとやばい。
  15. 若いながらバランスよくシェリーとピートが主張して楽しめる。

余談

15時からスタートして21時までぶっ通しで飲んでたので後半は訳の分からないことになってしまいました。

翌日も酒が抜け切れていない感じがやばかったです。

今回一番の目玉は買おうと思っても買えない深海熟成のアイリークです。

f:id:nakayubi29112911:20171002002056j:plain

本来は瓶熟はしないと言われてますが、深海の水圧なのか、温度なのかまさに神秘的なボトルでした。

ボトルがぼろぼろになってる所にも趣を感じます。

また個人的に良かったボトルはストラスアイラです。

徐々にナッツやキャラメルが出てくるのがたまりません!

 

f:id:nakayubi29112911:20171002000715j:plain

自分はムーンインポートのアイラ1990とあかしコニャックカスク5年を持っていきました。

アイラ1990は割りと好評だったんじゃないかなぁと思います。

マスター曰く、ブラインドで出されたらスプリングバンクと間違えそうとのこと。

あかしコニャックカスクは美味しいけど家に一本要らないよねという評価でした。

皆様の仰るとおり夏場は全く飲みませんでした。

両方とも後日レビューを書きたいと思います。

 

マスターが月1で開催しようかなと言うのでまた開催された時に雑感程度ですが書き綴ろうと思います。

 

最後に誕生日プレゼントにとサービスしてくれたバンク8年

f:id:nakayubi29112911:20171002000828j:plain

イチゴ感が最高でした!