よく呑んでよく寝る

ウイスキー初心者が感想を書くブログです。

ノッカンドゥ21年 1989年蒸留

 f:id:nakayubi29112911:20170922221459j:plain

ノッカンドゥ21年 1989年蒸留を飲みました。

 

香りはオレンジ、香ばしいクッキー、酸味のあるフルーツにキャラメル

味はキャラメルにオレンジピールの砂糖漬け、うっすらベリージャム、ウッディな渋み

余韻はオレンジピールのほろ苦さとウッディ

 

ノッカンドゥの1989年に蒸留された21年熟成ボトルになります。

バーボンメインにシェリーをヴァッティングの構成で両方の良さと熟成間を感じられる1本です。

加水で43°なので家でも気軽にスルスル飲める口当たりになっています。

 

ノッカンドゥは地味ながら良いボトルが多く、さらにお値段も年数の割りにお手ごろなのもポイントです。

最近94年蒸留の21年をネットショップで見かけましたが約8千円と非常にコストパフォーマンスに優れています。

近年の高騰の中でオフィシャルで20年オーバーなのにこの値段は中々無いと思います。