よく呑んでよく寝る

ウイスキー初心者が感想を書くブログです。

ブッシュミルズ400周年記念ボトル テイスティングレビュー

f:id:nakayubi29112911:20171105234135j:plain

ブッシュミルズ400周年記念ボトルを飲みました。

テイスティング

香り

パパイヤ、ピーチ、オレンジや金柑、やや紙の様な香り

南国メインフルーツのキャンディ、パパイヤ、ほろ苦い穀物感、胡椒のような舌にピリッとくるスパイス

余韻

フルーツキャンディを舐め終えた様な甘さと甘さを引き締める様なビターさ

余談

アイリッシュウイスキーでも有名どころ「ブッシュミルズ」の400周年記念ボトルになります。2008年に400周年を迎えたので創業開始は1608年です。日本では江戸幕府で大阪の陣勃発前。歴史って凄い。肝心の中身ですがトロピカルフレーバーです。開けたては固く、若干トロピカルでしたが金柑の様な柑橘っぽさと紙っぽさが前面に出ていました。JIS向けインチマリン13年が近いと思います。その後放置して1週間で一気に開いてくれました。僕の大好きなあざといほどのトロピカルフレーバーです。(2回目)最近は中々味わえないタイプで、さらに値段も高騰してるので、自宅で飲めることに感謝しています。

原酒構成ですが、

12~13年熟成原酒を中心に、20~21年長期熟成原酒も使用。グレーン比率はわずか10%

信濃屋ネットショップ引用 

になっています。ブレンデッドながらモルトが90%と非常に贅沢で、ブッシュミルズの辺り年といわれる1980年後期の原酒も使用されている贅沢っぷりですね。

発売されてからかれこれ10年弱経っているのでネットでは見かけませんが、田舎のチェーン酒屋さんに残っていたりします。

記念ボトルはどれも気合が入っているので今後発売されるボトルが楽しみです。

f:id:nakayubi29112911:20171105234104j:plain

500周年記念ボトルはどんなに頑張っても飲めないのが辛い

ブッシュミルズ400周年のボトルスペック

アイルランド
蒸留所 ブッシュミルズ
ボトル区分 オフィシャル
蒸留年 不明
ボトリング年 2008年
熟成年数 不明
度数 46%
使用グラス  テイスティンググラス

マッカラン セレクトオークのテイスティングレビュー

 f:id:nakayubi29112911:20171025221541j:plain

マッカラン セレクトオークを飲みました。

 

テイスティング

香り

ブルーベリージャム、若いフルーツブランデーやツンとしたアルコール、マーマレード

ビターなマーマレード、草っぽさ、ブドウの皮、ウッディ

余韻

ウッディとオレンジピール

余談

スコッチのロールスロイスとも評されるマッカランです。確かにオールドボトルを飲むと美味いんですよマッカラン。良いシェリー樽を使ってるのも分かります。ご年配の方は良いスコッチと言えばマッカランという意味が良く分かります。しかしこのマッカランはバーボンとシェリーのバッティングで若い原酒を感じながらも両方の特徴を感じます。加水のおかげで飲みやすくはありますがウッディが自分は気になりました。

実は初めて飲んだシングルモルトマッカラン12年で、ジョジョの奇妙な冒険の作者「荒木飛呂彦先生」が愛飲してると聞き飲んでみました。(荒木先生が飲まれるなら18年だとと思います)はっきり言って味は全く覚えてないんですが、何かカッコいいし大人な味みたいな事を思っていたんじゃないかなぁ。凄みを勝手に感じていましたね。

近年、マッカランの評価は今一ですが、バーボン熟成だったりド濃厚シェリーだったり評価されるものもあるので是非生きている間にロールスロイスに復活して欲しいと切に願っております。

f:id:nakayubi29112911:20171025221613j:plain

ブランド品を飲むという価値はありますが、スペックの割に高いのがネックです。

マッカラン セレクトオークのボトルスペック

スコットランド
蒸留所 スペイサイド
ボトル区分 オフィシャル
蒸留年 不明
ボトリング年 不明
熟成年数 不明
度数 40%
使用グラス  山崎蒸留所お土産

スリーリバース ブナハーブン28年 ダンス テイスティングレビュー

 f:id:nakayubi29112911:20171024002748j:plain

スリーリバースのブナハーブン28年 1988 ダンスを飲みました。

 

テイスティング

香り

ベリー、クリーム、腐葉土のような土っぽさや甘いオーク、黒蜜

皮付きブドウ、黒糖、オーク、パイナップル

余韻

香りから感じた土っぽさとタンニンの渋み

余談

ボトーラー兼インポーターのスリーリバースさんのブランドの一つ「ダンスシリーズ」のブナハーブンになります。このシリーズのブナハーブンは日本舞踊ラベルもありますが、あちらは濃厚シェリータイプでリッチでフルボディです。こちらの勧告舞踊ラベルはリフィルシェリーの程よいシェリーニュアンスとオーク、ブナハーブンの土っぽさが綺麗に纏まっています。どちらが良いかは好みの問題になりますがどちらも非常に美味しかったです。

このボトルは個人的に思い入れがあります。初めての2万オーバーのボトルで、このウイスキーの沼にどっぷり浸かるのを恐れていた枷を外したからです。その後はあれよあれよとズブズブに沈んでいきました。

では強い思い入れのボトルを開けた理由ですが、液漏れしてたからです。めちゃめちゃ辛い。

f:id:nakayubi29112911:20171024002821j:plain

おしゃれなラベルはつい集めたくなります。

スリーリバース ブナハーブン28年のボトルスペック

スコットランド
蒸留所 アイラ
ボトル区分 ボトラーズ(スリーリバース)
蒸留年 1988
ボトリング年 2016
熟成年数 約28年
度数 49.8%
使用グラス  グレンケアン

自家製枝付きラムレーズンを作るよ (途中経過)

枝付きレーズンが好きでチョイチョイ買って食べているんですが、そのまま食べても美味いのに美味いラムで漬けると更に美味くなるのではと思い作ってみました。

材料

・枝付きレーズン

・お好みのラム酒

レーズンは龍屋物産さんの枝付きレーズンを、ラム酒はラムJMの「キュベ デュ フォンダトゥール」を使用しました。
ラム酒に関しては結構スパイシーなタイプなのでこれが吉と出るか凶と出るか楽しみです。

f:id:nakayubi29112911:20171016232338j:plain

作り方

①瓶にレーズンを詰める

ラム酒を注ぐ

f:id:nakayubi29112911:20171016232500j:plain

本当にこれだけしかしていません。

ど素人が思い付で漬けただけなので美味く仕上がるか分かりませんが経過を追記しながら完成を待ちたいと思います!

f:id:nakayubi29112911:20171016232838j:plain

(こちらから追記になります!)
4日後
f:id:nakayubi29112911:20171019095343j:plain
プリプリな歯ごたえになってきました。
味は予想通りややスパイシーですがレーズンの甘みと調和する感じです!

ラムレーズンは酒のおつまみも良いですがバニラアイスに混ぜたり、レーズンバターを作ろうかと考えてます。
残ったラム酒は季節はホットミルクに入れて飲みます。

また数日経ちましたら追記させて頂きます。

【追記】

1週間が経ちました。
率直に言いますとかなりアルコール感が強いです。
当然と言えば当然ですが。

単品で食べると飲みつかれる様な感じがします。

コーヒーのオトモにするといい感じにアルコール感が緩和され甘みが際立ちます。

ウエストランド ピーテッドテイスティングレビュー

 f:id:nakayubi29112911:20171009020559j:plain

 

ウエストランドピーテッドを飲みました。

 

テイスティング

香り

バナナ、青リンゴ、香木、クリーム、うっすら内陸っぽい土の様なピート

麦の甘さ、生姜の砂糖漬け、焦げた木、香木のようなウッディ

余韻

香木のウッディがあるが短い

余談

珍しいアメリカで作られたシングルモルトウエストランドになります。スコッチ協会のルールである3年以上熟成しないといけない等は無いので熟成年数は2年~4年になります。ですが未熟感は強くないのは熟成環境の違いでしょうか。ピーテッドで商品説明にもアイラのようなと書かれていますが、ピート香は弱く、内陸系、ハイランドモルトの様なピートを感じれます。アイラの様なパワフルを期待すると肩透かしを喰らいますが、若い部分を差し引いても面白いボトルだと思います。

このボトルは板橋のスコッチモルト販売さんの直営店、「M's Tasting Room」さんでピーテッドの他にシェリーとホワイトオークと試飲させて貰い購入しました。プロの方と会話しながらウイスキーを楽しめる魅力的なお店です。平日しか営業していませんが、機会がある方は是非足を運んでみてください。ウイスキーが苦手でもラムや輸入ビールの販売もしています。

f:id:nakayubi29112911:20171009020710j:plain

 

ウエストランドピーテッドのボトルスペック

アメリカ合衆国
蒸留所 ウエストランド蒸留所
ボトル区分 オフィシャル
蒸留年  
ボトリング年  
熟成年数 2~4年
度数 46%
使用グラス  山崎蒸留所お土産

 

ワイルドターキー12年 旧ボトル テイスティングレビュー

f:id:nakayubi29112911:20171006002917j:plain

 

ワイルドターキー12年の旧ボトルを飲みました。

 

テイスティング

香り

キャラメル、バニラ、オレンジクリーム、うっすら溶剤っぽさ

香り同様にキャラメルやバニラ、スパイスに強めのウッディ、焦げたニュアンス

余韻

甘さのあるウッディ感と若干のエグミがある

余談

色々な場面で見かけるバーボン、「ワイルドターキー」の12年の旧ボトルになります。12年自体が終売になっているのですが有名な銘柄なので古い酒屋に埃を被って生き残ってる時があります。ラベルの推移ですが空飛んで、メンチ切って、この12年の様なデザインになり若干色がが薄くなり、更に色を薄くしたのが現行品のラベルになります。12年だとバーボンでは比較的長期熟成になりますがやはりウッディが主張してきますね。私はもともとバーボンが得意ではないのですが、無性に飲みたくなるときがあります。かっこよくショットグラスで!!ハードボイルドに!!相変わらず部屋の雰囲気とマッチして無いのはいつものことですが。

f:id:nakayubi29112911:20171006003013j:plain

ワイルドターキー12年旧ボトルのボトルスペック

アメリカ合衆国
蒸留所 ワイルドターキー蒸留所
ボトル区分 オフィシャル
蒸留年  
ボトリング年  
熟成年数 12年
度数 50.5%
使用グラス  ショットグラス

 

ムーンインポート アイラフュージョン1990 テイスティングレビュー

f:id:nakayubi29112911:20171002000053j:plain 

ムーンインポートのアイラフュージョン1990 21年を飲みました。

 

テイスティング

香り

レーズン、プルーン、ココア、焦がした黒糖、チョコレートケーキ、うっすら魚介出汁、キャラメル

ベリーの甘酸っぱさ、ビターチョコレート、カラメルに潮気、シナモン、ブドウの皮の渋み

余韻

うっすらベリー系の酸味からビターチョコの様なほろ苦さとスパイスが続く 

余談

イタリアのボトラーズ、「ムーンインポート」のバッテッドアイラウイスキーになります。90年初期蒸留のアイラで評価の高いイタリアボトラーズで、濃い目のシェリーで美味くない訳がありません。空けたてはアイラとは思えないほど滑らかで、濃厚なシェリーにも関わらずネガティブ要素が無いのでスルっと飲めてしまいます。一緒に飲んだバーのマスターもブラインドだとスプリングバンクと間違えそうと要ってました。徐々にうっすらですがピーティなニュアンスが顔を出してきてより複雑になったと感じます。

自分で抱えたボトルのシェリー熟成の中でトップクラスの美味さです。特級時代のシェリーを引き合いに出されると困りますがアイラでもここまで繊細かつ綺麗に作れるのかと感動しました。

イタリアボトラーズは私の知っている範疇では基本加水でボトリングしてるので突き抜けたパワフルさは無いのですが綺麗な纏まりを感じるボトルが多いと思います。

誰かサマローリのブーケを飲ませてください。

しかし最近はサマローリを除いて日本ではリリースを見かけません。ヨーロッパでニューリリースがあるなら是非入荷していただきたいものです。

f:id:nakayubi29112911:20171004004355j:plain

どのアイラモルトを使用しているのか気になります。

アイラフュージョン1990のボトルスペック

スコットランド
蒸留所 アイラ
ボトル区分 ボトラーズ(ムーンインポート)
蒸留年 1990
ボトリング年 2011
熟成年数 約21年
度数 46%
使用グラス  グレンケアン